自分でできるあごニキビの跡をキレイにできる方法

あなたはあごニキビができた後に残ってしまうあごニキビ跡(以下ニキビ跡)に悩まされていませんか?
ニキビ跡で悩まされる方は多く、テレビに出ている方でもニキビ跡で肌がボロボロになってしまっている方がいますよね。ニキビ跡は一度できてしまうと、なかなか治すことが難しく簡単に消すことができないため、とにかくできてしまわないようにすることが重要です。

しかし、それでも気づいたらニキビ跡ができてしまっていたなんてこと少なくありません。

ニキビ跡ができたからと言ってあきらめるのではなく、これからのケアで少しでも薄くしていけるように努力してみることが重要です。
そこで今回は、そんなニキビ跡を消そうと頑張るあなたにぴったりの情報をご紹介します。

 

ニキビ跡ができてしまう原理とは?

 

そもそも疑問に思うのはニキビ跡がどうしてできてしまうのかということです。ニキビ跡は基本的にニキビができた後にできてしまう跡のことで、クレーターとも呼ばれています。

しかし、これはニキビができた後にも限らず怪我をした後などでも、正しいケアを行わなかった場合傷跡が残ってしまう場合が多々あります。
顔の肌は他の部位に比べデリケートなため、ニキビができた後に跡が残ってしまいやすくなってしまう傾向があるのです。そんなニキビ跡ができる原理は簡単で、まずニキビができます。
ニキビができた状態は毛穴の中に皮脂が溜まっており、皮脂が毛穴を押し広げている状態になりそのまま炎症が起こっています。この炎症が起こっている状態でニキビを触ったり、肌を清潔に保たなかったりしてしまうとニキビが悪化もしくはそのままになってしまいます。ニキビができている状態の期間が長くなってしまうと、毛穴が皮脂が詰まった状態で押し広がったまんまの形が普通だと認識してしまいます。その結果、ニキビが治って元の状態に戻ろうとした時、皮脂が溜まった状態で皮膚が成形され中の皮脂がなくなることで穴ができてしまいます。こうしてニキビ跡が完成するのです。

また、炎症したところに雑菌が入り傷口が広がってしまいそのまま傷跡のように残ってしまうこともあります。

 

ニキビ跡を消す方法


今回紹介するニキビ跡を消す方法は2つご用意しました。
一つは栄養を摂ることで内部から再生しようとすることで、もう一つは洗顔などのケアを見直すことです。

まず、一つめの栄養ですが、とにかく肌の再生を促すことを最優先に考える必要があるので、ビタミンやコラーゲンといった肌には欠かせない栄養を徹底的にバランスよく摂るように心がけましょう。どの栄養も肌にとっては重要なものばかりなので、日常の食生活を見直してしっかりとバランスよく食べることが重要です。こうした栄養を摂ることで内部からの修復を促し、結果的にニキビ跡を徐々に薄くする効果が期待できます。

次に大切なのが洗顔などの肌のケアです。
新しいニキビを作らない予防はもちろんですが、一方で肌の表面の角層を取り除くことで、新しい肌の生成を促します。重要なポイントは、落とす時はしっかり落として基本は保湿です。毎日落とす必要はありません。月に一度でいいのでピーリングなどを行い肌をリセットしてあげましょう。もちろん、肌のリセットが終わったらしっかりと水分の補給をしてあげることも忘れないように。
化粧水はニキビ跡も良くなり赤らみも取れ、ニキビ予防にとてもオススメなのがReproskin(リプロスキン)です。

 

まとめ

とにかく、ニキビ跡はなかなか治りにくく薄くするのも大変なものです。できるだけ新しくできないように徹底しましょう。
それでもできてしまったら、まず見直すのは食生活で次に洗顔などの肌のケアをしっかり行うようにしましょう。正しいケアを行っていけば、ニキビ跡も徐々に薄くなっていきますよ。